AGA治療を考えている人はまずは皮膚科の医師に診ててもらうことをおすすめします

AGAの治療を考えている人は市販されている育毛剤を使うよりもまずは皮膚科の医師に診ててもらうことをおすすめします。

病院で処方してくれる薬は医薬品ですので市販されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬は保険が適用されないので市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤をいつまでも使うよりは確実に結果が出ます。

そして、薬だけに頼ることなく日常生活でも頭皮ケアをすると一層、効果があがるのでおすすめです。

規則正しい生活はもちろんのこと、ストレスを溜めないことや脂っこいものや刺激物を控えると良いでしょう。

AGAというのはDHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して髪の成長期が短縮されることにより症状が現れます。

AGAになってしまうと髪の毛が十分に成長しきる前に脱毛してしまうため髪質が細くなってしまったり短い毛ばかりが残ってしまうので薄毛が目立つのです。

AGA治療にはプロペシアという内服薬を使いDHTの生成を抑止することで薄毛を改善していきます。

プロペシア以外にもミノキシジルを含んだ外用薬で頭皮の血行を促し細胞分裂を活性化させる治療法もあります。

服用と外用の両方の治療を併用することも可能ですが健康保険の適用外のため、費用が割高になってしまいます。

AGA治療薬として知られているプロペシアは処方箋がなければ買う事が出来ないので通院する必要があります。

医薬品なのでドラッグストアで販売されておらず保険適用外なので高価なことが難点でした。

そんな状況が続いていましたが、プロペシアにもジェネリックが開発され従来の半額以下まで価格が引き下げられるようになりました。

ジェネリック医薬品とは特許期間を過ぎてから開発される医薬品で先発医薬品と同じ有効成分を使いますが味や形状を変えることもあります。

先発医薬品の有効成分を使って同じ効果と安全性を確保すればいいのですから、短期間で開発できコストが抑えられるので安価で提供できるのです。

AGAとは男性ホルモンにより発症するものなのですが生活習慣や食生活にも大きく影響されます。

人の体というものは血液の循環によって酸素や栄養が運ばていきますので健康な体を維持するためには血流を改善することは重要です。

髪に必要な栄養も血流によって運ばれてくるためAGA治療をしている人はまず、血流を良くするよう心がけましょう。

ストレスや運動不足などは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵となるほか喫煙によるニコチンの摂取も血管を収縮させる大きな要因です。

頭皮が硬くなってしまったりうっ血してしまっている人は血流を改善するために頭皮マッサージ等を行うのがおすすめです。

AGA治療に真剣に取り組むのであれば毎日の食生活にも気を付ける必要があります。

仕事が忙しいからとファストフードやコンビニ弁当が主食になっているようでは栄養が偏ったり塩分が多くて血行不良になってしまいます。

日頃から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂り亜鉛を摂ることで抜け毛や白髪の予防に努めましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品などに多く含まれていて亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれています。

また、緑茶には血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックス効果も高いのでストレスの軽減にも効果的です。

AGAの治療は保険適用外ですから費用は全額自己負担になってしまいます。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなくひと月で約1万円ほどの費用を要しました。

保険適用外の医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いになりますので価格は販売店に任されています。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品であっても価格差があり処方箋薬局によって、数千円の開きがあることもありました。

更に診察を受けなければ処方箋はもらえませんので再診料や診察料も必要となります。

AGAというのは遺伝により発症するものですので個人の体質が大きな要因となります。

AGA治療というのは対症療法にすぎませんので根本的に完治するものではないということをしっかり認識しておきましょう。

そのため、AGA治療を休止してしまうと再びAGAが発症し進行してしまうのです。

とはいえ、AGA治療にも副作用が起りますから一生使い続けるというのも心配がありますしお金もずっとかかることになります。

ですので、ある程度の所まで薄毛が改善が確認できたらAGA治療を途中でやめると言うのも1つの選択肢としてありだと思います。

AGA治療には飲み薬のプロペシアやミノキシジルという塗り薬が使われます。

プロペシアは病院で医師の診察を受けて処方箋や指示書を出してもらわなければ入手できません。

ミノキシジル配合の育毛剤は処方箋が不要なので医師の診断が無くても買う事ができます。

プロペシアと同様にミノキシジルにも飲み薬がありますが国内でAGA治療薬として認められているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬はインターネットで買う事ができますが100%自己責任なのでお勧めすることはできません。

AGA治療に効果が認められる薬品にはプロペシアとミノキシジルという薬があります。

飲み薬であるプロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑える働きがありヘアサイクルの乱れを改善する効果が期待できます。

一方、ミノキシジルは血管を拡大して血行を促進する働きがあり発毛を促進する効果が期待できます。

しかし、どちらの薬品も発毛剤として開発されたわけではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬、ミノキシジルは高血圧の治療薬でした。

どちらの薬にも、薄毛改善効果や発毛促進効果があることが認められたので現在ではAGA治療薬としても処方されるようになりました。

AGA治療薬のプロペシアにはAGA治療に効果があるとされる数少ない薬です。

しかし、いかに優れた薬であっても副作用があるので服用前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で深刻度が高いものといえば肝機能障害ですが障害は血液検査で調べることができますので使用前後の変化をチェックしておきましょう。

また、プロペシアは前立腺がんの治療薬でもありますので前立腺がんの検査数値に変化がみられる場合もあります。

他にも長期間服用することで男性でも乳癌を発症したりアレルギーやうつの発症なども危惧されています。

AGAは遺伝による要因が大きいので根本治癒することはありません。

AGAを発症する人は遺伝子によって決まってしまうので遺伝子を組み替えない限りはAGAは治りません。

従って、AGA治療をやめてしまえば再び脱毛や薄毛は進行してしまいます。

しかしながら、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは医薬品なので副作用が危惧されますから、一生使い続けることには問題があります。

内服薬であるプロペシアでEDになる可能性もありますから結婚など人生の節目がやめどきだと思います。

AGAとは具体的にどのようなものかご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に現れる髪の毛が薄くなってしまう症状のことを指します。

薄毛や脱毛といったものは昔から男性のテーマだったようで巷にはいろいろな育毛剤が氾濫していますね。

近年、やっと医療機関で治療を受けられるようになりましたが自己負担診療となりますので、医療費の負担が大きくなるのは否めません。

医療費負担は大きいですが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも薄毛・抜け毛の症状が改善した人はグンと増えました。

ですが、悲しいかなAGA治療とは対処療法となりますので、処方薬の使用を中止すると元の薄毛状態に戻ってしまいます。

薄毛にお悩みの方はAGA治療は病院で診察してもらい効果が認められている治療薬を処方してもらいましょう。

医療保険の適用外なので費用はかかりますが市販されている薬と比較してはるかに効果が高いのでおすすめです。

効果が高いといっても、副作用が怖いという人にはミノキシジルという薬もAGA治療には有効ですから、そちらを使うのも良いでしょう。

プロペシアと同様にミノキシジルもAGA診療ガイドラインで認められているので信頼できる薬といえます。

ミノキシジルには頭皮に塗布する塗り薬と内服薬がありますが、国内でAGA治療に認められているのは外用だけとなっています。

インターネットでAGA治療内容について調べてみたら画像付きの経過報告をしているサイトを見つけることができます。

ほとんどの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れてくるみたいで定期的に経過写真を見せてくれるので成果のほどがよくわかります。

中には信憑性のほどはいかほど?というようなサイトもありますが経過のほかにも、費用や使用している薬なども紹介してくれるサイトがあるのでとても参考になります。

AGA治療を開始すると初期脱毛など特有の症状が副作用として現れる場合があるので、実際の体験談が記載されているとその症状はみんな一緒なんだとほっとできますよね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いようでそれだけ薄毛にお悩みの男性が多いという事なのでしょう。

AGA治療は保険適用外の自由診療なので治療費は100%自己負担となります。

医薬品のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回の受診で約3000円の費用がかかります。

加えて、プロペシア1錠が250円(万有製薬公式価格)しますから診察料と薬代で、1か月1万円以上の費用がかかる計算になります。

ミノキシジルは市販薬でも配合されていますので処方箋が無くても買う事ができます。

市販の育毛剤にはミノキシジルを配送している製品もありますがプロペシアと同額の7 000円以上の費用がかかります。

引用:若ハゲ治療におすすめの病院なら!【格安料金のAGA治療】